読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ATOK Passport for MacにATOK 2016版が来たので新機能を使ってみた

ATOK

 おにーさんATOK Passport使いなんだけど、そういえばJustSystemって更新やアナウンスを火曜日に出すことが多い気がする!って今日ふと思い出してアップデータを起動してみたら、こんなのが来てたよ。

ATOKアップデータに表示されたクライアントアップデートの表示

 ATOK PassportMac版クライアントをATOK 2016 for Mac相当にするアップデータ!

 さっそくインストールして、ATOK 2016の目玉機能を試してみたよ!

  • ATOKインサイト
  • ATOKイミクル
    • イミクルを呼び出す
    • 検索方法の変更と検索履歴
    • ブックマーク
    • イミクルのウィンドウを非表示にする
    • 設定の変更
    • イミクル上で使用できるショートカットキー
    • ATOKイミクル for Macの制限
      • 辞書.appの内容は表示できない
      • イミクルがすでに開かれているときに呼び出しキーを押したときの挙動
続きを読む

かんたんなワークフローのつくりかた(ブラウザでサイトを開く)

Alfred

 Alfredのワークフロー作成ガイドの二回目。
 ブラウザでサイトを開くワークフローのテクニックを紹介してみるね。

  • 特定のサイトを開く
  • 特定のサイトを特定のブラウザで開く
  • サイトに複数の引数を渡す
  • サイトに複数の引数を渡す(Alfred3で可能になった方法)
続きを読む

ヘビーユーザーが語る、「ここがいいよ!」っていうDay One2の新機能10選

Day One2

Day One 2のスクリーンショット

 みんなは日記アプリなに使ってる?
 おにーさんはだんぜんDay One!
 このアプリが好きで好きで、2なんかもう、リリース直後に即購入したくらいさ。
 毎日欠かさず使ってるよ。


 ネットを探せば情報が見つかると思うけど、2には残念な不具合がある。
 そのせいもあって、前バージョンのClassicユーザーの中には、2のことをくさす人がいる。
「Day One 2なんか買う価値ない!」って意見を見聞きするたびに、おにーさんしょんぼりしちゃうんだ。

 でも、Day Oneの開発元Bloom Builtは、Classic時代から堅実にバージョンアップを繰り返してバグ修正や新機能の追加をしていたところだから、今の問題も将来的にはなんとかしてくれるんじゃないかって、おにーさんわりと信頼してる。

 そこで、毎日かかさず利用しているユーザーの目で見た、「ここは便利!」「ここはClassicよりよくなったよ!」ってポイントをあげることで、Day One 2を擁護してみることにするね!

  • デュアルペインとレスポンシブビュー(MacOS版)
  • 写真を複数貼れるようになった(MacOS版/iOS版とも)
  • 項目にリンクが張れるようになった(MacOS版/iOS版とも)
  • 住所をセーブできるようになった(MacOS版/iOS版とも)
  • メニューバーからタグ付けが可能になった(MacOS版)
  • 1エントリ1ビュー(MacOS版)
  • エントリの複数選択(MacOS版/iOS版とも)
  • 細かいフィルタリング&検索とフィルタの融合(MacOS版/iOS版とも)
  • リマインダーをもっと細かく設定できるようになった(MacOS版/iOS版とも)
  • 日記(ジャーナル)を複数持てるようになった(MacOS/iOS版とも)
続きを読む

かんたんなワークフローのつくりかた(ファイルフィルタ編)

Alfred

 みんなはAlfredの検索候補に特定のファイルタイプを表示したいとき、どうしてる?

Alfred3のDefault Resultタブ(上部)

 Default Resultsの設定をいじって、目的のファイルタイプを認識できるようにする?
 動作が遅くなるのを覚悟で、[Search all file types]のチェックを入れちゃう?

続きを読む

iOS版Day One 2.0.8が出てますよー

Day One2

 毎度おなじみ公式Twitterアカウント@dayoneappによると、変更点は一点のみ。

  • 修正:URLスキームを使用した際のクラッシュ

 バグフィックスを目的とした小規模なリリースだそうです。

Day One 2 Diary + Journal + Notes

Day One 2 Diary + Journal + Notes

  • Bloom Built, LLC
  • ライフスタイル
  • ¥600

複数ドキュメントの取り扱い

Scrivener

 Scrivenerのバインダーにはたくさんのドキュメントが登録されている。
 状況に応じて、単独のドキュメントだけを表示することもできるし、複数のドキュメントを同時に表示することもできる。

 コルクボードアウトライナー、そして連結表示モードは、どれも複数のドキュメントを同時に表示する仕組みだった。

 Scrivenerでは、複数のドキュメントを同時に表示するビューのことをグループビューと呼んでいる。

 でも、複数のドキュメントを一括表示するってどういう状況なんだろう。
 どんなときにグループビューになるんだろう。

  • フォルダをクリックする
    • フォルダとドキュメントの違い
    • グループビューモードを固定する
  • ドキュメントを複数選択する
  • グループビューの制限
続きを読む

編集モード:連結表示 (Scrivenings) モード

Scrivener

 Scrivenerのプロジェクトは、複数のドキュメントから構成されているんだった。

 バインダーをクリックすると、そのドキュメントを編集画面で開くことができる。

 だけど、せっかくコルクボードアウトライナーを使っていいかんじに構成を分割したのに、書くときは個々のドキュメントしか参照できないんじゃ、意味がないと思わない?

 もちろん、Scrivenerに抜かりはない。
 連続するドキュメントをつなげて、単一のドキュメントのように表示する機能があるんだ。

  • 連結表示モードに入る
  • 連結表示の区切りをカスタマイズする
    • タイトルの表示・非表示を切り替える
    • ドキュメントの区切りを小型にする
  • スクリーンショット
    • タイトル表示あり・区切り一行
    • タイトル表示あり・区切り改行一個
    • タイトル表示なし・区切り一行
    • タイトル表示なし・区切り改行一個
続きを読む