読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Inspectorの基礎:Notes

Scrivener

 インスペクターの情報について、もうちょっとつっこんだことを書いていくね。
 まずはノートについてだよ。

ノートの切り替え

 ノートにはドキュメントシートとプロジェクトシートの二種類があって、切り替えて使用できるっていう話はしたよね?


 ノートを切り替えるには、タイトルバーをクリックするんだ。
 一覧が表示されるから、ここで切り替えたいノートを選ぶのさ。

 ⌘6っていう表示が見えた。
 ショートカットが振られているっていうしるしだね!
 キーボードから手を離さなくても、Command + 6を押すだけで、参照するノートを変更できるんだ!

ドキュメントノートとプロジェクトノートの違い

ドキュメントノート

 ドキュメントノートは、現在開いているドキュメントにくっついているノート。
 そのドキュメントを開いているときしか表示できないんだ。

 別のドキュメントに表示を切り替えると、ノートも自動的に切り替わってしまう。
 複数のドキュメントを一括表示したときでも、表示されるドキュメントノートは、そのときカーソルがいる文書だけだよ。


 だから、このノートに書くのは、そのドキュメントに関係することだけにしなきゃいけない。
 そうじゃないと、どこかに埋もれてしまって、あとから探すのが難しくなっちゃうから。

 逆に言えば、そのドキュメントに関係する雑多な情報を、あとくされなく詰め込んでおけるって寸法だね!


 あと、ドキュメントノートは検索の対象になっているので、あとから参照したくなった場合は、検索から探すって手があるよ!

プロジェクトノート

 プロジェクトノートは、その名の通り、プロジェクト全体から参照できるノート。
 いつでも参照したい情報は、こっちに書いておくんだ。

 おにーさんは、書いてる途中で思いついたToDo項目(あそこAって書いちゃったけど、この流れだとBに書き直したほうがいいな……とか)を、プロジェクトノートに書くようにしているよ。


 プロジェクトノートは、"Project Note (General)"っていう名前なのが見えたかな?
 一般ってことは、一般じゃないプロジェクトノートもあるのかな?

 じつは、プロジェクトノートは複数作ることができるんだ。
 いやいや、まちがったことは言ってないよ。
 ノートは二種類だけど、二種類あるうちの一種類は、複数個もつことができるって話だよ!

 新しいプロジェクトノートをつくるには、タイトルバーをクリックしたときに出てくるいちばん下の項目、”Manage Project Notes..."をクリックする。

 プロジェクトノート一覧を表示するウィンドウがポップアップするので、ここで左下の+ボタンを押して、ノートの名前を入力すればいいんだ。

 右側にはプロジェクトノートの内容も表示されている。
 ここからノートを参照したり、記入することもできるんだね!

 プロジェクトノートのウィンドウには、⌥⌘P (Option + Command + P) のショートカットが振られているよ!

Scrivener

Scrivener

  • Literature & Latte
  • 仕事効率化
  • ¥5,400