読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Inspectorの基礎:差分を見る・ロールバックする

Scrivener

 機能豊富なスナップショットパネルの解説、後半戦だよ。
 作成したスナップショットとの差分を見る方法や、原稿を過去のバージョンに差し戻す方法を説明するね。

スナップショットを見る

 これは簡単だね。
 スナップショット一覧のどこかをクリックするだけ。

 一覧の下に、スナップショットをとった時点の本文が表示されるよ。

差分を見る

 過去のスナップショットと現在の本文の差分を表示する機能もある。

 差分を見るには、まずスナップショットをどれかひとつクリックする。
 そうしたら、左上の「比較」("Compare") ボタンを押すんだ。

 下の表示が変わったね!

 青く表示されているのは、スナップショットに存在せず、現在の本文に存在する文章。
 赤く表示されているのは、スナップショットには存在するが、現在の本文には存在しない文章。

 "Compare"ボタンを押したときに、右側に表示される矢印ボタンを押すと、変更点を順番にハイライトできるんだ。
 変更点が画面外にあるときは、そこまでジャンプするよ。

 "Compare"ボタンの右側にちょろっと表示されている﹀ボタンを押すと、比較する単位を変更できる。
 意味は上から順に、段落ごと・節ごと・単語ごと。

 こういう場合は論よりスクリーンショット
 上の文章は、もともと「比較する単位を変更することができる」だったんだけど、それを「変更できる」に書きかえた後の差分をとってみたよ。

 これは「段落ごと」の比較。
「することが」が消えただけなのに、段落全体が変更されたものとして扱われているね。

 これは「節ごと」の比較。
 読点の後ろだけが変更されたものとして扱われている。


 そしてこれが「単語ごと」の比較。
「することが」だけに赤線が引かれている!

 つまり、下に行くほど編み目が細かくなるんだね。

 ただし、編み目を細かくした結果、いいことだけが起きるとはかぎらない。
 表示はより煩雑になるし、関係ない場所を前に書いた文章の一部だと誤認識して、変な部分に赤線を引くことも多くなるんだ。


 "Compare"ボタンをもう一度押すか、別のスナップショットをクリックすると、差分表示は自動的に終了するよ。

スナップショット同士の差分を見る

 現在の本文と過去のスナップショットの差分ではなく、過去のスナップショット同士の差分を表示することもできるんだ。

 方法は簡単。
 スナップショット一覧をクリックして、過去のスナップショットを二つ選択する。
 Commandキーを押しながらクリックするやつだね。

 選択したところで"Compare"ボタンを押すと、選択したスナップショットの差分を見ることができるんだ。

 バージョン7だけを選択して比較ボタンを押したときは、現在の本文との差分が表示される。

 バージョン7とバージョン8の両方を選択してから比較ボタンを押したときは、7と8の差分が表示されているね。

メインの編集画面で過去のバージョンや差分を見る

 でも、右側のちっちゃいパネルは、文字も小さいしスペースも小さい。
 もっと大きく表示する方法はないのかな?

 じつは、メインの編集画面にスナップショットを表示する方法があるんです!



 表示したいスナップショットを一覧に選んで、編集画面のタイトルバーにドラッグする。
 カーソルの形状が変化したらドロップ!

 それだけで、メインの編集画面にスナップショットを表示することができるんだ。

 タイトル左側のアイコンがカメラ型に変化しているね。
 これはスナップショット表示中っていうしるしだよ。
 スナップショットのタイトルと、作成した日時も表示されている。

 スナップショットはリードオンリーだから編集できない。
 表示を元に戻すときは、左上の「戻る」ボタンを使うんだ。

 差分表示も、操作はほとんど同じ。
 ⌥ (Option) キーを押しながらドラッグするだけでいいんだ。


 え?
 こんどは大きすぎ?
 画面を占有してしまうのでは、使いどころがわからない?

 Scrivenerは画面を分割できるんだよ!
 上に差分、下に本文を表示しながらだったら、いろいろはかどりそうじゃない?

過去のバージョンに巻き戻す

 本文を過去の状態に戻したくなったのなら、パネルで目的のスナップショットを選択してから、右上の"Roll Back"ボタンを押せばいい。

 本文が変更済みである場合は、上のダイアログが出る。

 このまま巻き戻すと変更済みの本文が消えてしまうから、新しくスナップショットを作って現在の本文を待避させるかい?って尋ねているんだ。
 親切だね!

 Yesを押すとスナップショットを作成して巻き戻し。
 Noだと現在の本文を削除して巻き戻し。
 Cancelを押せば巻き戻しをキャンセルできるよ。

スナップショットを消去する

 おにーさんはスナップショットを手動セーブのかわりに使っているんだけど、この使い方だと、スナップショットがいっぱいたまっちゃうんだ。
 残しておいてもべつに困らないんだけど、たまには整理したくなるよね。

 スナップショットを削除するには、項目を選択した状態で、パネル右上のーボタンを押す。

 ShiftCommandを押しながらの複数選択に対応しているから、ひとつひとつちまちま消去する必要はないよ!

 削除前に、本当に削除するかどうか尋ねるダイアログが表示されるから安心してね。
(上のアニメーションGIFで削除までに間があるのは、画面外のダイアログを押しに行っているからなんだ!)

 それすらもめんどうくさい場合は、ダイアログを出さないよう設定することもできるよ。

Scrivener

Scrivener

  • Literature & Latte
  • 仕事効率化
  • ¥5,400