読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コルクボードの基礎

 今日はScrivenerのコルクボードについて説明するね。
 コルクボードはドキュメントをカードのように表示する仕組みだよ。

コルクボードを表示する

 コルクボードに入るには、グループモードの真ん中のアイコンをクリックするか、⌘2を押すんだ。

 バインダーがこういう構造だったとする。

 そのとき、「コルクボード」の記事をコルクボードにしたときの表示はこうなるんだ。
 コルクボードの下のフォルダやドキュメントが、カードみたいに表示されているね。


 カードの左上に表示されているのは、カードの種類を示すアイコンだよ。
 フォルダとドキュメントでアイコンがちがっているね。
 アイコンの上でダブルクリックすると、そのドキュメントもしくはフォルダが開くよ。


 数字はカードの順番。
 その横がドキュメントまたはフォルダのタイトル。
 下にはシノプシスが表示されるんだ。

 カードが重なっているように表示されているのは、下に子供がいるドキュメントだよ。


 あれ?
 アイコンはドキュメントなのに、カードが重なっているように表示されているものがあるね。

ドキュメント=フォルダ

 じつはScrivenerのフォルダは、外見が違うだけのドキュメントなんだ。
 フォルダに文章を書くことができるし、ドキュメントの下にドキュメントを置くこともできる。

 Scrivenerのフォルダはドキュメントで、ドキュメントはフォルダなんだよ。
 まったく同じじゃなくて、ちょっと違うんだけどね。
 これに関してはそのうち説明するね。

コルクボードのふたつのモード

グリッド

 グリッドモードは、コルクボードのデフォルト。
 編み目に沿ったように、一行ごとに決まった数のカードが表示されるモードだよ。

 グリッドモードでカードをドラッグ&ドロップすると、ドキュメントの位置が即座に変更されるんだ。

フリーフォーム

 フリーフォームは、編集画面の好きな場所にカードを設置できるモード。

 グリッドからフリーフォームに表示を切り替えるには、フッタ右下に表示されているFreeform corkboard.ボタンをクリックするんだ。

 フリーフォームでは、ドラッグしたカードはドロップした場所に置かれる。

 ただし、これはあくまで見かけだけのもの。
 フリーフォームでカードを動かしただけでは、バインダー上の文書の順番は変化しないんだ。


 上のアニメーションGIFを見て。
 グリッドモードでカードを動かしたときは、バインダー上の文書の位置が移動しているけど、フリーフォームモードのときは動いていない。
 グリッドモードに戻しても、カードの配置はモードを移行する前のままだね。


 でも、フリーフォームモードでやったことが消えてしまったわけじゃない。
 フリーフォームモードに戻せば、カードの位置はちゃんと記録されているんだ。

 フリーフォームモードでは、⌘>⌘<を使うことで、画面をズームイン・ズームアウトできる。
 広い面積上にカードを配置できるよ。

フリーフォームモードで設置したカードの配置を確定させる

 位置関係がバインダーに反映されないなら、フリーフォームにどんな意味があるのかって?

 フリーフォームの位置関係をバインダーに反映する方法が、ちゃんと用意されているんだよ。
 フッタ右下に表示されているCommit Orderボタンを押すだけでいいんだ。

 とちゅうで表示されるダイアログは、どういう順番で番号をふり直すかを尋ねている。
 開始点を、上・左・下・右のどこにするか。
 どの方向(右から左、上から下など)でカードをたどってゆくか。

 上のアニメーションGIFでは、開始点を上にして、左から右へとカードをたどっているよ。


 [OK]を押すと、フリーフォーム上のカードの位置が、ドキュメントの順番に反映される。
 番号が即座にふり直されているのがわかるね。
 グリッドモードに戻しても、文書の順番は反映されている。

コルクボードの利点と欠点

利点

 コルクボードは、ある階層に存在するドキュメントを俯瞰で眺めるのに適している。

 ドキュメントの順番を入れ替えるのも簡単だ。
 ドキュメントの順番を大幅に入れ替えたい場合、フリーフォームで動かしておいて順番を確定させるのが、いちばん楽な方法のはずだよ。

欠点

 ただし、欠点もある。
 コルクボードは階層を扱うのが不得意なんだ。


 コルクボードに表示できるのは、ある特定のレイヤのドキュメントだけ。
 上の階層は表示されない。
 上に階層があるかどうかすら、コルクボードの表示ではわからない。


 下の階層については、カードが重なっているように表示されるから、存在することはわかる。
 だけど、この階層と下の階層をいっしょに見るには、どうしたらいいんだろう?

 アイコンをダブルクリックしても、表示されるのはドキュメントか、下の階層のコルクボードだけだ。

複数レイヤのカードを同時に表示する

 Scrivenerは多機能なアプリなので、複数のレイヤのカードを同時に表示する方法がある。
 ただし、コルクボードだけでは完結しない。
 バインダーの助けを借りる必要があるんだ。

 複数レイヤのカードを同時に表示するには、コルクボードを表示した状態で、 (Command) キーを押しながら、子供をもっているドキュメントまたはフォルダをクリックする。

 複数のドキュメントを選択すると、Scrivenerはドキュメントを一括表示するんだったよね。
 じつは、コルクボードでも一括表示が可能なんだ!


 スクリーンショットでは、Manuscriptフォルダのコルクボードの下に、Manuscriptフォルダに属するふたつのドキュメントの子ドキュメントが、カードのかたちで表示されているよ。

コルクボードをどう使うか

 これはおにーさんの個人的な見解だけど、コルクボードがいちばんうまくはたらくのは、プロジェクトにまだレイヤが存在しないとき、つまり、プロジェクトを始めてすぐのときだと思う。
 まだアイディアがまばらで、順番も固まりきっていないとき。


 アイディアひとつを一枚のカードにして、シノプシスを書く。
 シノプシスがカードに収まりきらないくらい長くなったら、カードを分割する。

 カードを自由配置して、全体の構成を考える。
 隙間が空きすぎている場所には、カードを足す。
 カードが詰まりすぎている場所は、もしかしたら問題があるかもしれないと疑ってみる。

 そして、だいたいの構造が固まったところで、ドキュメントの順番を確定させるんだ。

 その後ドキュメントを階層化していくのだけど、階層化には、この後紹介するアウトライナーの方が適していると思う。


 でも、べつに、こう使わなきゃいけないわけじゃない。
 Scrivenerはユーザーに哲学を強制しないって、最初に言ったよね。
 だから、あなたなりの、あなたが使いやすい使い方をしていいんだよ。

 とくにフリーフォームは、いろいろな使い方ができると思う。
 キャラクターの設定表を、敵と味方でグループわけしてみるとか。
 場所の設定を、地図上に置くように設置してみるとか。


 大切なのは、どのビューにも得意と不得意があるのを把握しておくこと。
 それさえわかっておけば、どんな使い方をしても自由だよ。


 ただ、いくらフリーフォームモードが自由といっても、カードとカードの間に線を引いたり、カードを丸で囲ったりはできないんだ。

 そういうことがやりたいときは、Scrivenerを作った人たちが作った別のアプリ、Scappleを使うといいかもしれない。
 Scrivenerとのコラボを念頭に作られたアプリだから、相性はばっちりだよ。


 次回は、コルクボードの表示をカスタマイズする方法を説明するね。

Scapple

Scapple

  • Literature & Latte
  • 仕事効率化
  • ¥1,800