読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なにをやってもWindows10が勝手にスリープから目覚めてしまうときにチェックしておくひとつのこと

Window10

 こんちは!
 ところできみのおうちのWindows10は夜中に勝手にスリープから目覚めたりしない?
 おにーさんとこのマシンもそうなんだ!

 これって有名な問題らしくて、いろんなサイトでノウハウが公開されてる。

http://freesoft.tvbok.com/win10/tips/sleep_released_unintentionally.html

 でも、上で紹介されている手段を全部試しても、それでも勝手にスリープから復帰しちゃうケースがある。
 本当にある。
 本当に本当にあるんだよ!


 なぜこんなにも力強く断言できるかというと、おにーさんのマシンがまさにこれ!!

 原因を探ろうにも、イベントビューアに表示される原因は毎回「不明」なので、なにが不明だそんな文面ログに残す意味あんのかよログならログでもっと意味のある情報記録しとけや記録が詳細すぎて見た者を煙に巻いてこそログだろうがだいたいWindowsのイベントビューアはいつまでこのレイアウトなんだほしい情報一発で探せたこと一度もねーぞなんて悪態をついてもコンピュータはまったく感銘を受けずにまるでこっちが悪いみたいなそしらぬ表情でファンをふるふる回してなまあたたかい熱風を吹きかけてくれるから、一時はスリープを使わずに毎回電源断で運用してたくらいなんだ。
 もうほんと絶望するよね、こういう状況。


 でも、いろいろ試行錯誤しているうちに、こうすると問題が発生しなくなるっていう手順を見つけたので、世のため人のため、そしてアクセスアップのために公開しちゃうね。

 とくに、いままでは問題なかったのに、Windows Updateのあとで勝手にスリープから目覚めるようになったケースは、この手順を試してみるといいかもだよ。

1. 自動メンテナンスのチェックボックスをON/OFFする

 まず、[コントロールパネル]→[すべてのコントロールパネル項目]→[セキュリティとメンテナンス]を開き、[メンテナンス]→[自動メンテナンス]の下にある[メンテナンス設定の変更]にアクセスする。

「スケジュールされたメンテナンスによるコンピューターのスリープ解除を許可する」のチェックボックスがある。

 Windows10が勝手にスリープから目覚める問題と格闘した経験のある人は、当然ここのチェックボックスをオフにしてると思う。

 でも、だまされたと思って、いちどここのチェックボックスを入れてほしい。
 チェックを入れたら、右下の[OK]を押す。
 そうしたら、チェックボックスを外して、もういちど右下の[OK]を押すんだ。

2. スリープの設定をやりなおす

 もうひとつ、付随的にやっておくことがある。

 自動メンテナンスをオンにすると、電源オプションが書きかえられてしまう。
 Windows10が確実にスリープから目覚めないようにするには、スリープまわりの設定をやりなおす必要があるんだ。

 具体的には、[コントロールパネル]→[すべてのコントロールパネル項目]→[電源オプション]→[プラン設定の編集]から、[詳細な電源設定の変更]のリンクをクリック。

「電源オプション」ダイアログが表示されたら、[スリープ]の下にある[スリープ解除タイマーの許可]の設定を[無効]に変更。

 変更が終わったら、ダイアログ下部の[OK]ボタンを押す。



 おにーさんの環境では、Windows10が謎の原因で勝手にスリープから目覚めるようになったときは、上の手順を踏むと、スリープから勝手に目覚めなくなる。
 いまのところ再現率は100%だよ!

 推測だけど、Windows Updateで更新がインストールされたときに、チェックボックスはオフのままで、自動メンテナンスの設定が内部的に有効になっちゃうことがあるのかも。
 あくまで推測だけどね!


 この記事が役に立ったら、↓のボタンから記事をシェアしたり、ブックマークしたり、星をつけたりしてみてね。
 コメントを書くのでもいいよ。
 おにーさんだって、たまには人気サイトみたいなことをやってみたいんだ!