アウトライナーの基礎

 こんにちは!
 今日はアウトライナーの使い方の基礎を解説するね。

 アウトライナーはScrivenerのビューのひとつ。
 ドキュメントのシナプシスをくわしく書き入れたり、階層関係を調整するのに向いているよ。

 メタデータを表(テーブル)形式で表示できるから、複数ドキュメントのメタデータをまとめてチェックするのにも適しているんだ。

アウトライナーを表示する

 ビューをアウトライナーに切り替えるときは、メニューバーの[View Mode]のいちばん右、表っぽいアイコンをクリックする。

 たとえば原稿全体をアウトライン表示したいときは、バインダーでDraftもしくはManuscriptフォルダを選択してから[View Mode]をアウトライナーに変更するんだ。

 コルクボードでそうだったように、ドキュメントのアイコンの上でダブルクリックすると、そのドキュメントを開くことができるよ。

表示される項目

 アウトライナーでは、タイトル(とシノプシス)、ラベルやステータス等のメタデータを一覧形式で表示したり、内容を編集できる。

 項目の表示・非表示や、表示の順番もカスタマイズできる。
 項目の表示・非表示を切り替えるには、表の項目名の上で右クリックして、ポップアップしたメニューから項目を選択する。

 項目の順番を入れ替えたいときは、項目名をドラッグ&ドロップすればいい。
 または、いったん非表示にしてから表示に戻すと、項目がいちばん最後の列に移動するよ。

シノプシスの表示・非表示

 アウトライナーのタイトル欄は、下にシノプシスを表示できる。

 シノプシスの表示・非表示をトグルするには、項目名の上で右クリックしたときに表示されるポップアップから、[Titles]の下の[ and Synopsis]をクリックするか、アウトライナーのフッターの右下に表示されている[Show/Hide Synopsis]ボタンをクリックするんだ。

ドキュメントの移動

 移動のさせかたは察しがつくよね。

 ドラッグ&ドロップで移動。
 ドキュメントの上に別のドキュメントをドロップすると、階層関係をもたせることができる。

 ⇧Shift⌘Commandと同時押しすることで、複数のドキュメントを同時に選択することもできるんだ。

項目を折りたたむ/伸張する

 ツリービューだから当然だけど、項目を折りたたむこともできる。
 折りたたむ/伸張するには、親項目の左側に表示される三角アイコンをクリックする。

 折りたたむ/伸張する方法もいろいろ用意されているよ。
 メニューバーの[View]→[Outline]の下にある項目をチェックしてみて。

 Expandが伸張。Collapseが折りたたみだよ。

アウトライナーはなにがうれしいの?

 ドキュメントのツリー構造は、左側に表示されているバインダーでも閲覧できる。
 タイトルとシノプシスを一覧で見るなら、コルクボードでもいい。

 じゃあ、アウトライナーはなにがうれしいんだろう?

複数のドキュメントのメタデータを同時にチェックできる

 これはアウトライナー最大の利点。
 でも、メタデータなんか使わないっていう人もいるかもしれない。

 そういう人でも、↓で紹介する特徴のいくつかは、たぶん便利に使えるはずだよ。

サブツリーを表示できる

 アウトライナーは、ツリーの一部だけを表示できる。
 バインダーの一部をクローズアップする感覚で使うこともできるんだ。

タイトルとシノプシスが切れない

 バインダーでは、長いタイトルの後半が切れてしまう。
 コルクボードでは、長いタイトルやシノプシスの後半が切れてしまう。

 でも、アウトライナーでは、タイトルとシノプシスが省略されず、つねに全文表示されるよ!

流れるようにドキュメント・タイトル・シノプシスを連続作成&入力できる

 タイトル下にシノプシスを表示する設定にしておくと、うれしいことがひとつある。


 アウトライナーで新しいドキュメントを作成すると、タイトル欄に入力がフォーカスするんだけど、タイトル入力後にEnterを押すと、そのままシームレスにシノプシスを入力できるんだ。

 新しい項目を作るキーボードショートカットは⌘N (Command + N)
 新ドキュメント作成→タイトル入力→シノプシス入力、の流れを連続でこなせるから便利だよ。

キーボード操作でかんたんに階層関係をつくれる

⇧Shiftを押しながら矢印キーを操作すると、キーボードだけで範囲選択ができるのは、パソコンの操作にくわしい人なら知ってるよね。

 Scrivenerのアウトライナーでも、キーボードによる範囲選択ができる。
 でも、それだけじゃない。
 キーボードだけで階層関係をつくることもできるんだ。

 階層関係を作るには、まずドキュメントを選択する。
 その状態で、⌃⌘→(Control + Command + 右矢印)を押すと、選択したドキュメントは、真上にあるドキュメントの子供になるんだ。

 逆に、⌃⌘←を押すと、選択したドキュメントの階層が一つ上になる。
 ⌃⌘↑または⌃⌘↓で、ドキュメントの位置を上下に移動させることもできる。


 この操作は、アウトライナーだけじゃなく、バインダーでも可能だよ。

メタデータをソートできる

 もとから用意された項目だけじゃなく、自作の項目をテーブルに追加してソートできるのが、Scrivenerの美点なんだ。

 これについてはカスタムメタデータの項でくわしく説明したから、リンク先の記事を参照してね。

メタデータを一括で変更できる

ラベルとステータス

 ラベルやステータスを一括で変更したい場合は、ドキュメントを複数選択した状態で右クリック。
 コンテキストメニューの[Label]か[Status]から、設定したい項目を選ぼう。

チェックボックス

 チェックボックスを一括でオンオフしたい場合は、まず変更したいドキュメントを選択する。
 その状態で、⌥ (Option)を押しながらチェックボックスをクリックしてみて。


 ただし、一括で変更できるのは、ラベルとステータス、チェック型の項目だけなんだ。
 日本語文化圏の人間としては、"Target Type"を一括で"Characters"に変更できたらうれしいんだけど……

進捗状況をまとめてチェックできる

 Scrivenerでは、ドキュメントごとに目標文字/ワード数を設定できる。
 アウトライナーでは、その進捗状況を、グラフと色でまとめてチェックできるんだ。

 子供を持つドキュメント・フォルダ用に、子ドキュメントの合計の文字数/ワード数を表示する"Total Target"という項目も用意されているよ。

 目標文字数は、アウトライナーで直接入力できる。
 ヘッダーとフッターで説明したように、フッターから設定することもできるんだよ。

まとめると……

 アウトライナーは、プロジェクトの初期段階では、コルクボードで作成した構成をさらに煮詰めるのに適している。

 コルクボード上では平坦だったドキュメントを階層化したり、シノプシスをさらに具体的な内容にしたり、足りない部分を新しいドキュメントとして付け足したりできるからね。

 プロジェクト中は、より詳細な情報が掲載された、あるいはサブツリーだけにズームする機能をもったバインダーとして利用できる。

 中盤から終盤にかけては、プロジェクト全体の完成度をチェックしたり、メタデータを一括管理するのにも使えるんだ。


 Scrivenerのほかの部分と同じように、使いこなすことができればとても便利な機能なんだよ!

Scrivener

Scrivener

  • Literature & Latte
  • 仕事効率化
  • ¥5,400