編集モード:連結表示 (Scrivenings) モード

 Scrivenerのプロジェクトは、複数のドキュメントから構成されているんだった。

 バインダーをクリックすると、そのドキュメントを編集画面で開くことができる。

 だけど、せっかくコルクボードアウトライナーを使っていいかんじに構成を分割したのに、書くときは個々のドキュメントしか参照できないんじゃ、意味がないと思わない?

 もちろん、Scrivenerに抜かりはない。
 連続するドキュメントをつなげて、単一のドキュメントのように表示する機能があるんだ。

連結表示モードに入る

 このモードを使うには、まずバインダーで親にあたるドキュメントまたはフォルダを選択する。
 その状態で、グループモード(※ビューモード)のいちばん左のアイコンをクリックするんだ。

 クリックするたびに、ドキュメントまたはフォルダの単独表示と、親子ドキュメントの連結表示が切り替わるよ。

 連結表示モードでは、もちろんドキュメントの編集もできる。
 ドキュメントとドキュメントの境目に区切りが表示されていて、カーソルが境目を超えると編集対象が移動するんだ。

 編集対象のドキュメントが変化すると、ヘッダーに表示されるタイトルと右側のインスペクターの内容も、それに合わせて変化するよ。


 Scrivenerのマニュアルでは、連結表示モードのことをScrivenings Modeって呼んでいる。
 Scriveningsは造語だから、辞書を引いても載ってないよ。
 開発した人には、このモードこそScrivenerのキモだって意識があるのかもしれないね。

連結表示の区切りをカスタマイズする

 連結表示は便利そうに見えるけど、個々のドキュメントのタイトルが表示されたり、ドキュメントの区切りで一行使うのはいやだなあって人もいるかもしれない。

 そういう人のために、区切りやタイトルの表示をカスタマイズする機能があるんだ。

タイトルの表示・非表示を切り替える

 タイトルの表示・非表示を切り替えるには、メニューバーの[Format]→[Options]→[Show Titles in Scrivenings]オプションをクリックする。
 クリックするたびに、表示・非表示が切り替わるよ。


 このオプションは、たまにうまく機能しないことがあるかもしれない。
 そうなった場合は、Scrivenerをいったん終了してから、もう一回立ち上げてみて。

ドキュメントの区切りを小型にする

 ドキュメントとドキュメントの間の区切りが行を占有しないようにするには、[Preferences]→[Formatting]タブの下側、[Scrivenings:]の項目にある、[Separate scrivenings with single line breaks]にチェックを入れる。

 このオプションを有効にすると、ドキュメントの区切りが改行一個に変更されるんだ。

スクリーンショット

 参考のために、実際のスクリーンショットを掲載しておくね。

タイトル表示あり・区切り一行


タイトル表示あり・区切り改行一個


タイトル表示なし・区切り一行


タイトル表示なし・区切り改行一個

 タイトル表示なし・区切り一個の設定では、上下のドキュメントが完全に連続しているみたいに表示されているね。


 ちなみに、[Preferences]→[Formatting]タブ→[Scrivenings:]の下側にある[Scrivenings title font]とその下の三つのチェックボックスを編集すると、個々のドキュメントのタイトルに表示されるフォントと、表示方法をカスタマイズできるよ。

Scrivener

Scrivener

  • Literature & Latte
  • 仕事効率化
  • ¥5,400