読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

macOS標準のオートコンプリート機能を無効にする

macOS

まえおき

 MacOS XもしくはOS XもしくはmacOSを使っている人は、OSに標準で欧文用のオートコンプリート機能が備わってるのを知ってるよね。

 えっそんなの知らないっていう人は、なんでもいいからテキストを入力できるアプリケーションを開いた状態で、入力ソースを英語にして、⎋esc⌥⎋ (Option + esc)、またはF5を押してみて。

macOSに標準で備わっている欧文のオートコンプリート機能

 こういうふうに自動補完の候補が表示されるはずだから。

 こんな機能がOSに標準で備わってるのは、素直にすごいよね。
 でも、日本語圏のユーザーにとっては、それほどありがたみのない機能でもある。
 キャンセルのつもりでescを押したのに、なんか文字が出てくるの邪魔なんですけど!って感想の人も、そこそこいそうな気がする。

オートコンプリートをオフにする

 というわけで、この機能をオフにしちゃおう!
 やり方は簡単。
 ターミナルを開いて、以下のコマンドを入力するだけ。

defaults write -g NSUseSpellCheckerForCompletions -bool false

 変更はすぐ反映されるけど、すでに開いているアプリケーションには効果がないから、そういう場合はアプリをいったん閉じて開きなおしてね。
 一回入力すれば、OSを再起動したりしても、変更は反映されたままだよ。

 無効化した自動補完を元に戻したい場合は、

defaults write -g NSUseSpellCheckerForCompletions -bool true

 って入力してね!